勝田潔の創造共育ブログ ホーム »2014年04月
2014年04月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

実践!創造共育 #2 積木編  

こんにちは。
おもちゃの遊ぼ代表の勝田です。

アトリエとショップをやっていて、創造共育に関わるご質問で
最も多いと感じるのは積み木に関することですが、
中でも、

「積み木の遊び方がわからない 」

というのがダントツだと思います。

そこで、その積み木の遊び方について、
しばらく考えてみたいと思います。

まずは、子供の遊びについての考察としてご紹介したいのが、

子供の遊びには3つの領域がある、

という考え方で、
「フレーベルの3つの形式」
というものです。

3つの形式とは、

①「認識の形式」
②「美の形式」
③「生活の形式」

と呼ばれるもので、
幼児教育の祖と言われるフリードリッヒ・フレーベル(1782-1852・ドイツ)
の思想の柱の1つです 。

次回からは、この「3つの形式」について、
私なりに解説を試みたいと思います。

これら1つ1つを詳しく知って頂ければ、
子供の遊びの本質の一端が垣間見えてきて、
と同時に、
お子さんとの積み木遊びがより豊かに楽しくしていただける、
と思うからです。

もしも、積木遊びについて、さらには子供の遊びについて、
より早く、より深く知りたいとお考えなら、
ぜひ、

『遊びの創造共育法①子どもはみんなアーティスト』(和久洋三著・玉川大学出版部)

をご一読ください。

「目からウロコ」とはまさに!と感じていただけると思います。
スポンサーサイト

category: 実践!創造共育

tb: 0   cm: 0

実践!創造共育  

童具デザイナー和久洋三先生の創造共育に惚れ込み、

わくわく創造アトリエの支部を開設して12年目の今年、
長女は12才、次女は3才と、すっかり親父になってしまいました。


それでもまだまだ未熟な自分に満足できませんが、

私なりに和久創造共育の普遍性に確信を持つに至りました。
それを一人でも多くの子ども達と保護者の皆さんにお伝えし、

分かち合いたいと思い、このブログを始めることにしました。

社会の変化、国家の興隆、歴史の流れ、そこに生きた数限り
無い人々の人生。

大切にされる価値観も時代と共に変わるのが当然とは言え、

全ての物語には幾つかのパターンがあるようです。

例えば

「喜劇と悲劇」、

「正義」、

「幸福」、

「自由」、

「愛」、

 そして「真善美」、などなど。


子育てと教育の領域においてはそれら全てが
関わってくると思うのですが、いかがでしょうか?


このブログでは、和久創造共育(以下「創造共育」)
の実践をもとに、不遜にもそうしたテーマに挑戦してみたり、
何か意味がありそうで気になることに触れてみたりしていきたいと
思っています。今後ともお付き合い頂けましたらこの上なく幸いです。

category: 実践!創造共育

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。