勝田潔の創造共育ブログ ホーム »2014年06月
2014年06月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

実践!創造共育 #7 積木編  

こんにちは。おもちゃの遊ぼ代表の勝田潔です。
今回は積木遊びにおける「美の形式」/「パターン遊び」についてです。

子どもの「パターン遊び」は平面だけでなく立体でも現れるもので、積木遊びでは線対称(2~3歳)や点対称(4~5歳)などのシンメトリーの展開が一般的です。
また、横一直線に何かを並べていく遊び(~2歳頃)も、並べられた形同士の規則性は無くランダムであっても、「直線状」に伸びていく立派なパターン遊びです。
さらに、起点・中心部から外部ヘ延長・拡散していくという展開とは逆に、周辺部もしくは中心部からまとまりをつくり、積木の部品が収斂・集合していく、という展開もあります。
花火や風車のような模様が前者で、1つの枠の中に組み込むパズルのような構成や囲われた空間の構築物が後者です。

この「パターンの『パターン』」とでも言える展開の仕方(種類)がまずあって、その展開を構成する要素として、色・形・素材などが様々に組み合わせられます。そしてその展開と要素の無限の多様性を楽しむ活動が「パターン遊び」の醍醐味なのです。

もっと簡潔に言えば、「音楽」が「音階とリズムの組み合わせ」を楽しむ世界だとするなら、「パターン遊び」は「色彩と形体の組み合わせ」を楽しむ世界だと言えるでしょう。それぞれ、その組み合わせの「妙」に調和を感じる世界です。

例えば、立方体の積木をピタッピタッといくつも真っ直ぐにつなげて「電車」をつくりつつ、そのつなぎ目のそれぞれをうっとりと見つめる2歳頃の子どもの姿は、単純で、安心できて、癒される、まさにお母さんの心臓の鼓動をその胸に抱かながら聴く子の様な幸福感で一杯です。
なので少しでもその積木の列が乱されようものなら、一様に不快感や悲しみに襲われ、パニックになったり怒りだしたりします。心地良い調和を乱されるからです。

また、2歳を過ぎる頃には色に対するこだわりも出てきて、同じ色のビーズや色板ばかりを揃えたりすることがあります。
これも「おんなじ(同じ)、おんなじ」という規則性を味わうパターン遊びと言えます。
但し1歳の頃に似たような活動をする子もいますが、それはどちらかと言うと、「同じ」の認識を確かめる「探究認識活動」に近い感じがします。「形合わせ」のような遊びの感覚です。

そしてそこにイマジネーションの働きが加わり、見立て遊びが始まると、「オレンジジュース!」と言って、橙色のビーズをコップ一杯に集めるようになるのです。

さらに3歳以降になれば、ビーズや色板の色を統一して縦横に並べたり、2種類以上の色の組み合わせ(縞模様や格子模様)を試み、色の響き合いや形同士のバランスなどを純粋に楽しみ始めるでしょう。
そして小学生に上がる頃には、まさに「デザイン」の世界が現れるのです。

ところで、ここまでの解説を読んで項いた方々の中には、途中で「あれ?」と思われたかもしれません。
例えば、「『おんなじ、おんなじ』を楽しむことと、『同じ』を確かめることの正確な境目はどこか?」とか、
「『おなじ』を確かめるのは認識を司る知性によるものか、感覚を司る感性によるものなのか、どちらなのだろう?」と言うようなことです。

しかしそれに決着をつけようとすると、近代の認識論の哲学者達にも登場して貰わなければならなくなりそうですから、遊びの現場で確かめるとするなら、実際は「知性も感性も両方同時に働いている」と言うしかないように思われます。

具体的に言うと、立方体を正しくズレのないように揃えて並べるためには、立方体の直面同士の端と端の長さ(立方体の辺の長さはどれも等しいので最も簡単な角柱なのですが…)を正しく「認識(知性によって)」しつつ、ピタッと揃える心地良さを求める「感性」が発揮されなければ、それをやり遂げる動機が生まれません。

つまり、「探究認識活動」と「パターン遊び」は混ざり合って発動していて、別々で行われるという訳では無いのです。

さて、前回私は、「探究認識」の領域だけを捉えて積木遊びをしないで下さい、と申し上げましたが、今回も同じ結論になりそうです。

すなわち、積木で何かを創り出すためには、感性が働いて、好みの「何か」を目指す動機と、合理的に「創り出す能力(認識の力)」の両方が必要になってくるからです。

敢えて別々にするなら、片や知性だけによる「意味の無いモノ/形だけのモノ」、片や感性だけの「ひとりよがりのモノ/真実味や説得力の無いモノ」に貶められるでしょう。

さらに次回は、積木遊びにおける「生活の形式=見立て遊び」についてのお話を通して、遊びは「探究認識」と「パターン遊び」を統合するだけでは収まりきらない、ということをお伝えしたいと思います。

では、またのお付き合いを宜しくお願いします。
スポンサーサイト

category: 実践!創造共育

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。