勝田潔の創造共育ブログ ホーム » スポンサー広告 » 実践!創造共育 »実践!創造共育 #2 積木編

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

実践!創造共育 #2 積木編  

こんにちは。
おもちゃの遊ぼ代表の勝田です。

アトリエとショップをやっていて、創造共育に関わるご質問で
最も多いと感じるのは積み木に関することですが、
中でも、

「積み木の遊び方がわからない 」

というのがダントツだと思います。

そこで、その積み木の遊び方について、
しばらく考えてみたいと思います。

まずは、子供の遊びについての考察としてご紹介したいのが、

子供の遊びには3つの領域がある、

という考え方で、
「フレーベルの3つの形式」
というものです。

3つの形式とは、

①「認識の形式」
②「美の形式」
③「生活の形式」

と呼ばれるもので、
幼児教育の祖と言われるフリードリッヒ・フレーベル(1782-1852・ドイツ)
の思想の柱の1つです 。

次回からは、この「3つの形式」について、
私なりに解説を試みたいと思います。

これら1つ1つを詳しく知って頂ければ、
子供の遊びの本質の一端が垣間見えてきて、
と同時に、
お子さんとの積み木遊びがより豊かに楽しくしていただける、
と思うからです。

もしも、積木遊びについて、さらには子供の遊びについて、
より早く、より深く知りたいとお考えなら、
ぜひ、

『遊びの創造共育法①子どもはみんなアーティスト』(和久洋三著・玉川大学出版部)

をご一読ください。

「目からウロコ」とはまさに!と感じていただけると思います。
スポンサーサイト

category: 実践!創造共育

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yubokatsuta.blog.fc2.com/tb.php/2-97aee0a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。